ホーム

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の予想のコツ・攻略方法を紹介!インが不利でまくりが決まりやすい!?的中率アップを目指せ!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の予想のコツ・攻略方法を紹介!インが不利でまくりが決まりやすい!?的中率アップを目指せ!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)は徳島県鳴門市にある競艇場で、「まくり」が決まりやすいことで有名です!

スタートラインから1マークまでの振り幅が狭いためイン逃げが決まりにくいなどの特徴もあるため、予想で勝つためにはポイントをしっかり押さえておくことが大切です。

この記事ではボートレース鳴門(鳴門競艇場)の特徴・予想のコツをお伝えしますので、ぜひ予想に役立ててくださいね!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の特徴・予想のコツは?

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)は、四国本土と大毛島の間にある小鳴門海峡に面しています。

そのため潮や風の影響を受けやすいという特徴があります。

それでは、「ボートレース鳴門(鳴門競艇場)」の詳しい特徴を見ていきましょう!

干潮差あり!干潮時はまくり・満潮時はイン有利

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の水質は海水で、干潮差があり、干潮時は3・4コースのまくり、満潮時はインが有利となります。

また、満潮時は乗りにくいためレースが荒れやすいので注意しましょう!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の公式ホームページには潮見表が公開されているので、予想する前に確認するようにしましょう!

防波堤があるから大きなうねりの心配はないよ!

インコースが不利なコースレイアウト

鳴門競艇場の水面図(ボートレース公式HPより)
鳴門競艇場の水面図(ボートレース公式HPより)

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の水面図を見ると、スタートラインから第1ターンマークに向かって狭くなっているのが分かります。

つまり隣の艇との間隔が狭くなりインコースが窮屈になるため「差し」や「イン逃げ」が決まりにくい状態です。

そのため、インコースの1着率は全国平均よりも低いという特徴があり、逆にこの狭さを活かして3・4コースからの「まくり」や、5コースからの 「まくり差し」が決まりやすいという特徴もあります!

また、ピットから第2ターンマークまでの距離が短いので枠なり進入になりやすいです。

レース場の形状から「インが難しい水面」だということが分かりますね!

まくり・まくり差しが決まりやすいっていうのも覚えておこう!

季節ごとに変化する風向きに注意!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)は、季節ごとに風向きが変わります!

基本的に夏は向かい風・冬は追い風となりますが、予想をする前にその日の風向きを確認するようにしましょう!

季節によってレース時刻が変わる!

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)では、春夏はサマータイム、秋冬はモーニングでレースが開催されます!

ちなみに2021年度は4~5月にサマータイム、6~3月にモーニングだってよ!年度ごとに変わったりするみたいだから、競艇場のホームページをチェックしてね!

サマータイムレースは昼から夕方にかけて行われるレースで、夏の向かい風の影響でイン逃げが決まりやすいケースが多いです。

モーニングレースは朝9時頃から行われるレースで、冬場は追い風の影響で1コースの信頼度がかなり下がり、2コースからの「差し」3コースからの「まくり」が決まりやすい傾向もあります。

季節ごとの傾向も考慮しながら予想をするようにしましょう!

季節ごとのコース別入着率は次のようになっています。

鳴門競艇場の水面図(ボートレース公式HPより)
鳴門競艇場の水面図(ボートレース公式HPより)

データを確認すると冬季は1コース1着率が50%を切っています。夏季と10%近く差があるので注意してください。

季節によって数値がかなり変わりますね!傾向を知って予想をすることが大切ですね!

予想しやすい「企画レース」に注目!

特に初心者の方にオススメなのが、予想しやすい「企画レース」です!

企画レースとは予想しやすいように枠順が組まれたレースのことを言います。

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)では、一般戦とG3競走の1R~4Rに企画レースが行われています!

  • 【1R:とるならなると】1号艇のみA級選手
  • 【2R:どーなるなると】予選特賞扱い・A級選手が複数配置されることが多い
  • 【3R:どきどきなると】1号艇にA級/2-6号艇にA級orB級選手
  • 【4R:とにかくなると】1号艇にA級/2-6号艇はA級orB級選手

企画レースの1コース1着率は70%と高くなっています!予想をしやすい企画レースで的中を味わってみてはいかがでしょうか?

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)での予想ポイントまとめ

今回はボートレース鳴門(鳴門競艇場)での予想攻略法についてご紹介しました!

最後に、ボートレース鳴門の特徴や予想をする際のポイントをまとめます。

  • 干潮時は3・4コースのまくり、満潮時はインが有利
  • 満潮時は乗りにくいためレースが荒れやすい
  • コースの形状的にインが不利で、まくり・まくり差しが決まりやすい
  • 枠なり進入になりやすい
  • 基本的に夏は向かい風・冬は追い風
  • 冬季は1コース1着率が夏季よりも10%ほど下がる
  • 初心者には企画レースがおすすめ!

ぜひ、これらを参考に鳴門でのレースを予想してみてくださいね!

インが平均よりも強くない分、万舟が出る可能性も高いからしっかり予想したいね!