ホーム

ボートレース三国は追い風・モーターの性能を要チェック!特徴と攻略方法を徹底解説!

ボートレース三国は追い風・モーターの性能を要チェック!特徴と攻略方法を徹底解説!

ボートレース三国(三国競艇場)は福井県坂井氏にある北陸地方唯一のボートレース場で、日本海側の気候の影響で荒れるレースが多く予想が難しい事で有名です。

この記事では、ボートレース三国の特徴・予想する際に役立つポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください!

ボートレース三国(三国競艇場)の特徴は?

北陸地方唯一のボートレース三国(三国競艇場)
北陸地方唯一のボートレース三国(三国競艇場)

基本情報は以下の通りです。

  • 名称:ボートレース三国(三国競艇場)
  • 住所:福井県坂井市三国町池上80-1
  • 連絡先:050-8882-4482
  • 支部:福井支部
  • 競走水面:プール
  • 水質:淡水
  • マスコット:カニ坊

ボートレース三国は、基本情報に書いてある通り競走水面はプールで、日本海から近いものの、日本海や川と繋がっているわけではありません。

また、全国屈指の難水面と言われ「荒れるレースが多い競艇場」として有名です。

北陸地方唯一の競艇場であり、日本海側の気候の影響で冬場は強風の日が多い難水面です。

マスコットキャラクターは、「カニ坊」という名前で、福井県の名産である「越前ガニ」をイメージしています。

ではボートレース三国の特徴を詳しく見ていきましょう!

水質は湖の水を利用した「淡水」

ボートレース三国は、湖の水を引いて設計されていて、水質は淡水です。

更に淡水の中でも硬い水質と言われていて、選手にとって走りづらい水面になっています。

淡水の水面は硬いので、モーター性能が悪いとターンが上手く決まらない問題が出てきます。

周回展示でターンが上手くいっていない艇は、レースでも期待が出来ません。

また、淡水は海水と比べて浮力が弱く、体重差がレースに大きく影響しやすい水質となっています。

そのため体重が重い選手には不利で、基準値をキープしているような体重の軽い選手であったり、男子選手よりも軽い女子選手にとっては有利となります。

この事から、ボートレース三国では、選手の体重をチェックしましょう。

海に面していないから、干満の影響がないのがいいわね

モーター性能について選手のコメントチェックしなきゃだね

ボートレース三国(三国競艇場)の水面はプール構造

ボートレース三国は日本海や川と繋がっていないので、水面は長方形のプール型です。

コンクリート護岸に囲まれたプール型の水面であるため、2マークに引き波が残りやすくなっています。

引き波が残っていると、全速ターンが流れて、逆転が起こりやすくなっています。

1周目2マーク以降に逆転が起きた際、高配当のチャンスがあります!

これは逆転期待して高配当を狙ってみたいねー!

天候や気候による影響

ボートレース三国は、1年を通して風に一つの傾向があり風はレースに多大な影響を及ぼすため、風の特徴も水面同様に覚えておく必要があります。

日本海に近いボートレース場という事もあり、夏場は海からの風が吹き、冬場は季節風が吹きます。

日本海は、ボートレース三国から見て北部に位置していて、スタートは南に向かって走る事から、夏場はスタート時点で追い風となります。

また、冬場は強い北風が吹きます。

南に向かってスタートするので、こちらも追い風になります。

つまり、ボートレース三国は1年を通して追い風傾向にあります。

追い風の場合、風速2mまでなら1コースの艇が有利ですが、2mを超えてくるとターンの時に1コースの艇が膨らんでしまい、その内側を2コースや3コースの艇に差されやすくなるので、2m以上の場合は2から3コースの艇が有利になると覚えましょう。

風を考慮する必要があるわ

水面気象情報を要確認です。

ボートレース三国(三国競艇場)のコース

ボートレース三国の水面特性
ボートレース三国の水面特性

ボートレース三国のスタートラインのコース幅は62mです。

スタートラインはコース幅は、全国平均55mほどであり、これよりも7m長いこの62mはボートレース福岡に次ぐ全国で2番目の広さとなります。

これだけ長いとスタート時点で6艇の間隔が広くなり、アウト側を走る艇は1マークが遠い為、まくりを決めにくくなります。

そのため、差しやまくり差しが決まりやすくなっています。

差しやまくりが決まった時は、内側の艇が2着に残りやすいので、アウト側の艇を予想した場合は、1号艇の2着を買っておくのがおすすめです。

それもあって差しやまくり差しが決まり手になる事が多いのかー!

ピットから2マークまでの距離

ボートレース三国は、他のボートレース場よりもピットから2マークまでの距離が長いです。

コース取りのための距離が長いので、前付けしても助走距離を稼ぎやすいです。

そのため、ボートレース三国では進入隊形が乱れやすく、ピット離れの良い艇は自分の枠番より内側のコースからスタートしやすいです。

スタート展示を見て、ピット離れの良し悪しをチェックしましょう。

スタート展示でピット離れに注目ですね!

展示航走を見るのは予想の基本だね!

ボートレース三国で予想する際のコツ

ボートレース三国のコース別勝率
ボートレース三国のコース別勝率

ここまでボートレース三国の特徴とチェックする事について解説しました。

ここからは、予想する時のコツを紹介していきます。

予想する上で大事なのはデータです。

基本的にはイン側が強い

ボートレース三国のコース別決まり手(上から順に1コースから6コース)
ボートレース三国のコース別決まり手(上から順に1コースから6コース)

他のボートレース場と同じく、基本的にはイン側3コースが強いです。

ボートレース三国の2020年のコース別1着から3着の割合を見ていきましょう。

コース 1着率 2着率 3着率
1 57.8% 19.1% 7.8%
2 15.6% 29.0% 20.6%
3 15.3% 19.8% 23.2%
4 7.3% 17.1% 23.1%
5 4.5% 10.4% 15.6%
6 0.9% 5.7% 11.3%

1コースの1着率は直近3か月は全国の中でも高いのですが、2020年の1年間ですと52.8%と全国の平均よりも低めです。

2・3コースの1着率は平均よりも高いです。

そのため、予想する際は2・3号艇を注視してみましょう!

上でも説明した通り、ボートレース三国1年を通して追い風傾向にあります。

追い風3m以上の場合、2コースの艇は差しが決まりやすいです。

また、3・4コースの艇は追い風なら差し、向かい風ならまくり差しが出やすいです。

逆に1コースの艇は、風速2m以下が1着を取りやすく、追い風・向かい風3m以上のレースでは1着を取りづらくなります。

決まり手が差しやまくり差しの場合、1コースの艇は2着3着に残りやすいので、まずは2・3・4号艇を意識して展示航走をチェックしましょう。

2~3コースの1着率高いじゃん!

風がレースに与える影響が大きいのね

まとめ:ボートレース三国(三国競艇場)での予想ポイント

今回はボートレース三国(三国競艇場)での予想攻略について解説しました。

最後に、ボートレース三国の特徴や予想する際のポイントを下記にまとめます。

  • 水質は淡水で、水面が硬いのでモーターの性能をチェック
  • 進入隊形が乱れやすい
  • 2・3コースの1着率が高い
  • 差しやまくり差しが出やすい
  • 夏・冬の追い風に注意
  • 選手の体重
  • 基本イン逃げが強いが風向き・風速次第では、荒れる展開がある

これらのポイントをしっかりチェックして予想に活かしてみてください!

荒れやすいレースが多そうだね!

ボートレース三国では、風に気を付けて予想すると良いですね!