ホーム

ボートレース平和島はろ過した海水を引く「イン受難」会場! 水面特徴・舟券戦略をご紹介!

ボートレース平和島はろ過した海水を引く「イン受難」会場! 水面特徴・舟券戦略をご紹介!

ボートレース平和島を一言で表すと「予想が難しい穴党向けの会場」になります。

バック側は事故防止策として斜行制限が設けられており、その影響で全国で2番目に1コース1着率が低い「イン受難水面」となっています。

強風が吹くことが多いこともあり風の影響も大きく、潮位の変化もあるため、加味すべき要素が多いのも予想の難易度を上げています。

この記事では、そんなボートレース平和島の舟券戦略に役立つ情報をご紹介します!

基本情報

  • 会場名:平和島ボートレース場(ボートレース平和島)
  • 住所:東京都大田区平和島1-1-1
  • 所有者:京急開発株式会社
  • 施行者:府中市

【主要競走】

  • 周年記念競走:トーキョー・ベイ・カップ(G1)
  • 正月:東京ダービー
  • 春期大型連休:京急電鉄社長杯
  • お盆:デイリースポーツサマーカップ
  • 企業杯:キリンカップ(G3)

今日は東京にあるボートレース平和島の勝ち方をご紹介します

どんな戦略が有効なのかな。楽しみだよ!

水面の特徴

ボートレース平和島の競走水面
ボートレース平和島の競走水面

競走水面は海で、水質は海水です。

2マーク後方のピット横に小さな滝があり、海岸の間の運河から水を汲み上げて濾(ろ)過させた上で放流しています。 (滝の落水点付近にフェンスが囲ってある為、水は競走水面には直接入ってきません)

潮の満ち引きによる潮位の差はあるものの、東京湾から波が直接入ってくることはありません。

しかし、競艇場近くを舟などが通る場合があり、そのときには1マーク近くにうねりが発生します。

ボートレース平和島付近の高層マンションの1棟
ボートレース平和島付近の高層マンションの1棟

また、付近をマンションなどの高層建造物に囲まれているためビル風が吹いており、季節風が強い春先などは、かなりの荒水面になります。

そのため、全国平均で見ると走りづらい水面です。

インの勝率も全国平均と比較するとかなり低い会場です。

また、ボートレース平和島は全国屈指の「差し水面」とも呼ばれています。

その所以(ゆえん)は、1マークを回ったあとの対岸が右斜めになっているため、対岸に沿って走ると内が空きやすく、後続艇に差す隙を与えてしまいます。

おまけに、バック側はフェンスが設置されていることでコース幅が狭いという理由から「斜行期制」が掛かっており、1コースの選手が先マイしても差し艇をブロックできずに抜かれます。 (そのため、「平和島のバックは内側が伸びる」と言われています)

ちなみに、ピットから2マークまでの距離は108mで枠なり進入率は全国平均並みです。

潮位による影響

ボートレース平和島は比較的、潮位によるレースの影響は少ないと言えます。

しかし、満潮時には1マークがうねることもあります。

なので、大潮の時ぐらいは展開予想に加味しておいた方が良いかもしれません。

風の影響

先述しましたが、平和島は風の影響が強い会場です。

春と冬は強い季節風の他、強弱や向きが安定しないビル風が常に吹き込んでいます。

風速5m以上が約30%と強風が吹きやすい水面であり、季節によっては前半と後半で風向きが逆になっていることも。

平和島で勝つには、直前の風チェックが不可欠と言えるでしょう。

以下の情報は、風向きや強さによって変化するレースの傾向となります。

  • 向かい風:5m以上で吹くと、1コース1着率が35%まで下がり、センター・アウトコースの勝率がやや上昇
  • 追い風:基本的には1コースの勝率上昇するも、5m以上で吹くと2コースの勝率が上昇

季節ごと

ボートレース平和島の季節ごとの成績(公式HPより)
ボートレース平和島の季節ごとの成績(公式HPより)

平和島の季節ごとで傾向が変化します。

というのも、春・冬になると激しい季節風が吹く日が多くなるからです。

特に春は強い追い風の日が増え、春一番・二番が吹くと安定板を装着してのレースが行われます。

また、夏から秋にかけては風は比較的穏やかになります。

気温によってエンジンの出足が落ちるためにスロー勢は不利になるものの、ゆるい追い風が後押しすればインは多少有利に。

ちなみに、ボートレース平和島のモーターとボートの交換時期は6月です。

全国的にみてもかなり予想が難しい会場みたいだね…!

でも、そのぶん払戻金が大きくて稼ぎやすい会場なのよ

データから分析するボートレース平和島の舟券攻略

この項目では、2020年6月1日~2021年5月31日までの直近1年間のデータを元に、平和島での舟券戦略を考察・解説していきます。

まずは、ボートレース平和島の「コース別成績」・「コース別決まり手」を見てみましょう。

【コース別成績】

コース 勝率 1着率 2着率 3着率 F L 平均ST
1コース 7.30 45.2% 64.7% 75.3% 16 1 0.15
2コース 5.73 17.6% 42.1% 59.3% 9 0 0.16
3コース 5.18 14.5% 33.1% 51.0% 9 0 0.15
4コース 4.96 11.9% 29.6% 48.3% 12 0 0.15
5コース 4.38 7.8% 20.9% 40.0% 10 0 0.16
6コース 3.49 3.1% 10.3% 27.2% 9 1 0.17

【コース別決まり手】

コース 逃げ 差し まくり まくり差し 抜き 恵まれ
1コース 93.7% 0.0% 0.0% 0.0% 5.8% 0.5%
2コース 0.0% 67.2% 23.2% 0.0% 7.7% 1.9%
3コース 0.0% 13.9% 49.5% 25.2% 10.0% 1.3%
4コース 0.0% 25.9% 39.6% 25.5% 7.1% 2.0%
5コース 0.0% 12.0% 21.0% 55.1% 9.6% 2.4%
6コース 0.0% 22.7% 21.2% 34.8% 15.2% 6.1%

ボートレース平和島の1号艇1着率は、なんと全国24会場中でワースト2位。

全国屈指の「イン受難水面」です。

また、バック側の斜行が規制されている関係上、差しが決まりやすい水面としても知られています。

その影響もあり、2~6コースの1着率は全国的に見てもかなりの高さを誇ります。

また、コース別3連対率は3コースが全国で1番低く、アウトコース(5・6コース)がそれぞれ全国で3番目の高さになっています。

ボートレース平和島の「コース別1着率の全国ランキング順位」と「コース別3連対率の全国ランキング順位」は以下の通りです。

【コース別1着率の全国ランキング順位】

  • 1コース1着率:全国23位
  • 2コース1着率:全国2位
  • 3コース1着率:全国3位
  • 4コース1着率:全国3位
  • 5コース1着率:全国1位
  • 6コース1着率:全国2位

【コース別3連対率の全国ランキング順位】

  • 1コース3連対率:全国23位
  • 2コース3連対率:全国10位
  • 3コース3連対率:全国24位
  • 4コース3連対率:全国15位
  • 5コース3連対率:全国3位
  • 6コース3連対率:全国3位

コース別1着率・3連対率の全国順位を見てみると、2~4コースは「1着率の順位」と「3連対率の順位」にネジれが生じていることが分かります。

これは、アウトコースの3連対率が全国的にみると非常に高い故にみられる現象なのでしょう。

このことから、ボートレース平和島は「どのコースからでも3着以内に入るチャンスがある会場」であることが分かりますね。

つまり、3連単を的中させるのが非常に難しい会場であるという事です。

全国的にみてもセンター・アウトコースが強い会場なんだね!

アウトコースが得意な選手がダッシュ勢に来そうなら積極的に舟券に絡めよう

「1-全-全」は的中率45%で、回収率も高め!

「1-全-全」は全20点の買い目です。

ボートレース平和島における直近1年間の占有率は約45%、平均払戻金は3,950円でした。

全国的にみれば1号艇1着率が低い分、この買い目の的中率は落ちますが、その分平均払戻金が高めになっています。

全レースで買えば赤字は必至ではありますが、回収率は85%を誇る出目になります。

実際の出目データは以下の通りです。

買い目 割合 払戻金
1-2-3 5.0% 1,349円
1-2-4 3.7% 1,859円
1-2-5 3.2% 2,483円
1-2-6 3.1% 3,226円
1-3-2 4.1% 1,865円
1-3-4 3.0% 2,219円
1-3-5 2.4% 2,167円
1-3-6 2.0% 3,426円
1-4-2 3.2% 3,008円
1-4-3 2.0% 3,219円
1-4-5 1.8% 3,249円
1-4-6 2.1% 4,800円
1-5-2 1.7% 3,722円
1-5-3 1.2% 4,445円
1-5-4 1.1% 6,714円
1-5-6 1.3% 5,346円
1-6-2 1.3% 5,346円
1-6-3 1.1% 7,396円
1-6-4 0.8% 8,341円
1-6-5 0.8% 5,205円

的中率25%! 1号艇1着に置かない「234-1234-12345」の回収率は!?

「234-1234-12345」の買い目は27点。

ボートレース平和島における直近1年間の占有率は約26%、平均払戻金は8,650円でした。

全レースで買った場合の回収率は80%程度になります。

的中率・回収率ともに「1-全-全」。

実際の出目データは以下の通りです。

買い目 割合 払戻金
2-1-3 3.1% 3.296円
2-1-4 2.3% 4.169円
2-1-5 1.7% 4.381円
2-3-1 0.9% 8.198円
2-3-4 0.9% 3.246円
2-3-5 0.9% 10.248円
2-4-1 0.8% 7.292円
2-4-3 0.6% 7.252円
2-4-5 0.7% 10.819円
3-1-2 0.9% 6,165円
3-1-4 1.0% 5,150円
3-1-5 1.3% 5,117円
3-2-1 1.2% 9,796円
3-2-4 0.7% 9,285円
3-2-5 0.8% 13,678円
3-4-1 0.8% 6,233円
3-4-2 0.8% 10,516円
3-4-5 0.8% 7,815円
4-1-2 0.8% 10,233円
4-1-3 0.9% 11,109円
4-1-5 0.9% 7,373円
4-2-1 0.8% 13,257円
4-2-3 0.4% 17,445円
4-2-5 0.8% 11,602円
4-3-1 0.4% 12,802円
4-3-2 0.4% 9,438円
4-3-5 0.3% 8,211円

平和島はこんなに広く買っても的中率が低いんだね…

それだけ予想がムズいってことじゃん?

まとめ:ボートレース平和島で高的中率を目指すなら点数は多めに!

ボートレース平和島は潮位の影響の少ない海水会場です。

その反面で、風の影響は強い会場になっています。

風向き・風速が一定では無いので、舟券を買う前はレース直前の風の状況をチェックすることを推奨します。

また、バック側はフェンスが立っている影響からコース幅が狭く、斜行が規制されており、1コースから先マイした選手は後走の差し艇をブロックできずに抜かれてしまいます。

これこそが、1コース1着率が50%を下回る「イン受難」会場たる要因です。

つまり、「イン有利」というボートレースのセオリーに反する特性を持っているため、予想を的中させることが難しい会場なのです。

その分、払戻金が高くなっているので、点数を多めに買っても3連単であればトリガミになることはあまり有りません。

ボートレース平和島で3連単を当てたいのであれば、アウトコースの艇も視野に入れて12点前後と幅広く買っておくことをオススメします。

平和島は予想が難しい分、万券も多く出る穴党ご用達の会場よ

勝負するなら舟券は多めに買わないとだね!